FC2ブログ

以心伝心心~あまがさき哲学カフェ~

哲学カフェに行ってみませんか。 お茶を飲みながら他の人の話を聞いてみる。結論は求めません。カフェで賑やかに話せればいいですね。

130826むこのそう哲学カフェ、「番外編」終了しました。

むこのそう哲学カフェ番外編 「英語で話そう哲学カフェ」 開催報告


日 時:8月25日(日)14:00-16:00
場 所:伊丹市野間のアイデアル英会話教室
参加者: 8名(男6名 女2名)
テーマ:「What is freedom?」


むこのそう哲学カフェの番外編として「英語で話そう哲学カフェ」を行いました。
当日は、イギリス人3名と日本人5名にお集まりいただきました。ご参加いただいた方々、ありがとうございました。双方の言語を理解される方が数名おられました。

英語を話す方は英語で、日本語で発言する方は日本語でご発言頂き、進行役が双方向の通訳をしながら進めました。

通訳するために時間を取られたこと、通訳が適切であったか問題が残ることとはなりましたが、2時間、楽しい時間を過ごすことができました。以下、当日の様子をご報告します。


>>>>>>>>>>>>


◆個人の自由と社会
・近代社会では個人に自由はない。個人は常に監視され操作される対象であり、マスコミやインターネットなどのメディアは個人の監視・操作に格好のツールである。そのような環境にいるすべての人は自由ではない。

・近代社会における自由は政治的に隠されていると言えるのではないか。重要な政策に我々が参加できる可能性は小さく、「雲の上」で決まったことは所与のものとして与えられるしかない。
・社会が”標榜する”自由は特定の権力者たちの要求で決まる。したがって個人の自由と社会が求める自由とはどこの社会、いつの時代でも一致しない。

・自由を声高に主張することには用心する方がいい。アメリカもイギリスも「自由!Freedom!」と言っているが、しばしばそれはLibertyであり、Freedomではない。Libertyは、海事から発達した言葉でもともと船長が船員に与える上陸許可を意味していた。つまり権力者から与えられた自由であり、自由そのものではない。

・自由とは権力者にとっては、制限するものである。例えば蜂の社会のように人々の役割を明確にし、それぞれの役割に専念することに価値を置いて勝手なふるまいを制限する。ちなみにBee-hive とは蜂の巣箱のことであるが、これから派生した英単語がBehaviorである。(編集注:この単語にはふるまいと言う意味と、習性、適応性などの意味がある。)

・個人の気持ちの中ではいつでも自由になれる、と思う。しかし社会に対するとき、突然不自由さが増加する。原発事故に関することでも言い出すことに大変なプレッシャーがある。自由には議論もできない。何か発言をすることが「余計なことを言う」と圧力をかけられているように感じる。

・法には2つある。一つは神の法で「殺すな」「盗むな」など大切な価値を持っている。もうひとつは海事から発達した法であり、「規則」である。船の中では争いごとを起こさないため、何事も細かく決められていた。このような規則は混乱を避けるために作られたものだが、個人の自由を制限するものでもある。

・その一方、仮にそのような細かな法がなくても直ちにそしてしばしば混乱に陥ることもないはず。法や規則は自由を制限するためなのか、自由を守るためなのか。

・現代社会の反対のイメージとして、もし森の中で孤独に生活している人がいれば、自由だろうか。あるいは政府を持たない生活と言うのは混沌として自由に行動する者の闘争が発生して危険なものになるのではないか。

・法が定められるのは、理由がある。例えば自動車の制限時速はそれ以上のスピードを出せば危険が増大すると言う理由によって定められ、それによって自由は制限されるが、事故は確実に減っていく。

・法による細かな規制はいくら作っても作っても追いつくことはない。その一方、人間はほっておいても調和を保つ生き物だ。政府がなくても一時の混乱はあるかもしれないが、いつまでもすべてが混沌とすることはないだろう。

◆絶対的価値としての自由、相対的な自由
・日本の今の時代は中東やアフリカとは違って戦うことを強いられたり逃げることを余儀なくされたりはしない。それだけで十分自由とはいえる。

・歩けること、食べられること、些細なことだが自由にできる。これらのことができない状況にある人も少なくないのであり、自由とは相対的な概念ではないか。

・ 理念としての自由を考えるより個別の具体的な場面での自由を考える方がよいかもしれない。

・肉体と精神を分けて考えると、肉体はそれを維持するために自由にはなれない。精神は自由になりうる。「肉体は精神の監獄である」、とはこの意味だと思う。

・ 肉体と精神はコインの裏表のようなもの。決して離れることはない。

◆個人の決断と自由
・外国人が日本に住むということで何か不自由を感じることはあるのだろうか。

・急速に世界中が標準化されてきている。100年前の日本に来たら非常に戸惑うだろう。しかしそれこそが日本であって、今の日本はフランスもイギリスと一緒、同じような服を着て同じような生活をしている。ただし、それは日本が西洋化した面もあるが、同時にイギリスもフランスも標準化され、独特なものを失っているという点で同じである。

・今の時代、地球上行きたいところへ行き、住みたいところに住むことができる。それを決めるのは個人でありそれが自由だと思う。

・自分がしたいことを自分で決断できるためには、教育を受け、情報を集めたり判断したりすることができるようになる必要がある。教育は自由を手にするために不可欠な手段である。

・子供が育つ過程では、ある程度の枠に入れる必要がある。そのように自分も育ってきたが、その枠は大人になっても意外にいつまでも人を縛り付けるものでもある。自分が子どもを育てる際にもそのように、枠に入れることが必要だったが、ある程度大きくなったら、それを外すことも大切だと思う。


>>>>>>>>>>>>>

「英語で話そう哲学カフェ」は、テーマをできるだけ広い視野から検討するための一助となると考えています。

例えば今回のテーマは「What is freedom?」でしたが、Freedomは日本語の「自由」とはニュアンスがいくつかの意味で異なります。図らずも「FreedomとLibertyの違い」について質問がでると、語の持つ意味合いや使われ方、語感、語源、などネイティブの方に聞いてみなければわからないことが聞け、楽しい経験となりました。


番外編を企画したのは本編(月1回開催)に対し、少し実験的で内容的にも異なった哲学カフェの在り方を探ってみたかったからです。

今回、「英語で話そう哲学カフェ」が実現したのは、場所を提供してくれた伊丹市で英会話教室を主宰しているジョセフ・キャロルさんが哲学カフェに興味を持たれたことがきっかけでした。

母語以外の言語で自分の意見を表明するということはそれなりの言語的な能力を要求されます。さらに、対話が成立するためにはかなりの場数と経験がないと難しいと思われました。

しかし、その経験と場数を重ねるためには自由に発言しあう場が必要で、そこで自分の言いたいことが言えないという体験を重ねなくてはなりません。

このような場はなかなか日常生活ではありませんので、自分で作ってみよう、と思いました。哲学カフェは「一期一会」を大切にします。どのような方にご参加いただけるは事前にはほとんどわかりません。ひょっとするとだれも来ないかもしれないと思いながら、やってみることにしました。

幸い、キャロルさんから場所の提供を受け、全部英語では間口が狭くなるので日本語と英語のちゃんっぽんでやったらどうか、と提案もしてもらいました。通訳の技量に不安を感じながらもなんとかなるだろう、と思いながら準備をしてきました。

いつものようにポスターを用意し(スギさんに作って頂きました)、カフェフィロのブログに掲載して頂くなどいつものようにしたほか、本編に参加して頂いている方や知り合いに声をおかけし、キャロルさんも知り合いに声をかけて頂きました。

結果8名の方にご参加いただきました。人数的には良かったと思います。これ以上多いと通訳しながらでは進行がもたついて困難だったかもしれません。

場所が電車の駅から遠くておまけに古い村の中にあり、判りにくくて迷われた方もおられました。遠路、足を運んでいただき本当にありがとうございました。

また、この企画の実現を後押ししていただいた「明日のジョー」ことキャロルさんに感謝申し上げます。

さて、番外編の続編があるかどうかまだわかりません。しかし多くの方に助けて頂きながら、何かまた企画したいと思います。その際にはぜひまたご参加ください。

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2013/08/27(火) 01:04:36|
  2. 2013
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<130913 Report on MUKONO-SO philosophy cafe in English | ホーム | 第八回むこのそう哲学カフェ 開催報告>>

コメント

こんなテーマはどうでしょうか?

Learnとsutdyの違いをテーマにどうですか?
  1. 2013/09/05(木) 20:46:48 |
  2. URL |
  3. わきもと #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cashewnut27.blog.fc2.com/tb.php/72-591f3fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)