FC2ブログ

以心伝心心~あまがさき哲学カフェ~

哲学カフェに行ってみませんか。 お茶を飲みながら他の人の話を聞いてみる。結論は求めません。カフェで賑やかに話せればいいですね。

0200201【p4cたちばな】開催報告

2020年2月1日(日)10時半~12時
p4cたちばな 「学校について」 参加者3名

まず、自己紹介を兼ねて最近学校について思っていることを紹介しながらコミュニティーボールを作ります。今回は3周して大きなボールが出来上がりました。

学校についてと言っても、子どもの視線、教師の視線、学習支援塾の視線は関心が同じようなところにあっても見えているものが異なっているのが面白いです。

例えば、なぜ教師の一言が子どもの心に刺さり、それが原因と思われる不登校に代表される子どもの行動を引き起こすのか。子どもの視線からの問いかけは、その言葉が引き起こす出来事は当然起こるべく起こったもので、何も不思議はない、という共通の理解にたどり着きます。

先生はなぜ、そのような発言をするのか?先生は「私は尊敬されるべきである」とか、「教室運営ができている俺はえらい!」とか、学年末まであらゆる問題に目をつぶってなにも目立たなければ、「良し!」とか思っていることもあるようです。先生も凡百の内なんだなぁ、と言いたくなりますが、つまり、あまり考えていないと言うことのようです。

この考えていないということは、何事かを無反省に呑み込んである意味ごく自然に、当たり前に発話している事態を差しているようです。

子どもからの訴えに対し、先生からは紋切り型の言葉が返ってくる。この繰り返しでは子どもの訴えは受け取ってもらえない。
ある子が「不登校になってから、○○先生は優しくなった」と言うとき、その皮肉が子どもの存在を支えているように思いました。同時に先生もまた経験値を上げたんだろう、と思うものの子どもの負担の大きさに目をぐっと閉じたことを思い出しました。

授業と言うものはやったことのある人にしかわからない難しさ、大変さがあるようです。教師になりたての人はその困難さに立ち尽くすことがある一方、教師はすごいなあ、と言う感慨は教師自身がなってみて感じることなのかもしれません。

不思議なのはこのように真摯に取り組んでいる教師がなぜか、子どもに対して抑圧的になっていくことです。
授業のすばらしさとはどういうことなのでしょう。授業のなかに子どもはどのように存在し得るものなのでしょうか。教師の評価や教師間の関係性は授業にどんな影響があるのでしょうか。そもそも教室運営と授業は関係があるのでしょうか。

***************
【p4cたちばな】は毎月第1日曜日の10時半から12時までです。どなたでもご参加いただけます。対象は小学生から高校生まで大人の付き添いも可能です。

次回は3月1日(日)10時半~12時です。 対象は小学生~高校生です。 大人の付き添いも可能です。
スポンサーサイト



  1. 2020/02/02(日) 16:02:29|
  2. あまがさき哲学カフェ開催報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

0200118【たちばな哲学カフェ】開催報告

2020年1月18日(日)14-16時
 たちばな哲学カフェ「A.I.はうそをつくか?」

参加者4名で行いました。

ディープラーニングがA.I.の進歩を急速に進めたようです。チェスや将棋ではA.I.が人間に勝つようになってきました。囲碁はまだのようです。
職場にもいつの間にかA.I.が入り込んできました。複雑な判断を大量の情報をベースにして判断していくA.I.得意のやり方は人間にとって代わる分野もきっと多い事でしょう。もっとも手相占いと原理はあまり変わらへんなぁ、などと思うのは私だけかしら。

さて、嘘をつくと言うのは多くの場合目的があります。保身や虚栄を張るためにうそをつくとしたら、なぜ、A.I.はうそをつかなくてはならないのでしょう。A.I.が一つではなくて競合するA.I.があったら、あるA.I.は他のA.I.に負けないように戦略としてうそをつくことを学習することがあるかもしれません。

あるいは、嘘をつくためには意思が必要です。A.I.が意思を持ったら嘘をつくようになるのでしょうか。この場合の意思とは生存本能のように、生き残るために嘘をつくのでしょうか。

嘘の上塗りと言う言葉があります。一旦嘘をつくと、ばれないように次々とうそを重ねることになるのですが、A.I.も嘘を上塗りするのでしょうか。

嘘には、初発の嘘と破綻を防ぐための上塗りの嘘では嘘の質が変わるように思うのですが、A.I.はいかなる嘘もつくようなるのでしょうか。嘘がばれなくても何となくおかしいなぁ、と思うことがあります。この何となくおかしいという感覚に従って付き合い方の距離を変えたりすることがありますが、A.I.同士ならどんな対応になるのでしょう。

インターネット上では個人の好みを判断して提案をしてきます。A.I.の提案に乗ることはあるでしょうし、それを迷惑だと感じることもあります。

政策決定の過程にもA.I.が使われるでしょう。嘘をつくかどうかとは別にA.I.が政策決定に使われることがより良い政策につながるのであれば問題はない、と言えるでしょうか。より良いかどうかを判断する部分をA.I.に任せるとどうなるのでしょう。

シンギュラリティ―は2045年だと言われています。A.I.が人間の頭脳を上回ったら人間には想像ができない世界が現れるのかもしれません。そもそも人間にとってこの世はなかなか理解しがたいものとしてあり続けてきたようですから、望遠鏡や顕微鏡によって未知の世界が開かれたのと同じように探究の対象となる世界が一つ増えた程度のことかもしれません。


次回は2月15日(土)テーマは「選挙権」です。

  1. 2020/01/21(火) 13:32:02|
  2. あまがさき哲学カフェ開催報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

0200113【eカフェ】開催報告

eカフェ「Emotion」
2020年1月12日(日)14-16時 会場:アイデアル英会話教室
参加者9名 進行 赤井郁夫

人は何に感動し、なぜ感動するのでしょうか。

涙もろい人がいます。eカフェのために会場を提供し、一緒に参加しているジョーは映画「タイタニック」を映画館で見た時に、終りの方で15分間泣き続け奥さんにあきれられたそうです。
音楽は人に感動を与えるようです。感動して勇気づけられたり気分が良くなったりする人がいます。面白かったのは感動する対象がメロディーや詩だったり、リズムだったり少しづつ違うことでした。

感動することで内側にたまった何かが外へ出てくる。なにかがたまりすぎると爆発して危険なようです。一体何がたまるのでしょうか。ストレス?不満?
カラオケが好きな人は歌うことでその何かたまったものを外へ出すことができるようです。歌に感動し、自分の歌声に感動し・・・ストレスをためやすい人は感動をたくさんして発散するのが良いということでしょうか。

時代の移り変わりによって当たり前だったものがどんどん変わっていきます。敬語を使わなくなったのもそのうちのひとつかもしれません。大人が敬語に頓着しなくなっているこのごろ高校生が正しく敬語を使っているのを聞くと、「おぉっ」と思わず感動することがあります。大人も使えなくなった敬語をまさか高校生が正しく使うとは、と予想と実際のギャップに心が動かされたようです。

つらい経験をした人が、同じような経験をしつつある人に同情したり共感したりすることがあります。楽しい経験をした人が同じような経験をした人と共感しあうこともあるようです。単に理解するということを超えて経験するということが感動のための土台になっているようです。

高学歴の人ほど心を動かされていることを表明しないようにするのはなぜでしょう。教育が感情を抑圧しているのでしょうか。上記とは別にたくさんの経験を積んでいることが、「まあ、こんなこともあるよな」と少々のことでは感動に結びつかないことがあるようです。

次回のeカフェは阪神淡路大震災から25周年となる今年、震災にまつわるテーマに取り組んでみます。2月9日(日)14-16時 テーマは「Disasters affect」です。
  1. 2020/01/13(月) 16:29:48|
  2. あまがさき哲学カフェ開催報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ