以心伝心心~あまがさき哲学カフェ~

哲学カフェに行ってみませんか。 お茶を飲みながら他の人の話を聞いてみる。結論は求めません。カフェで賑やかに話せればいいですね。

0170709 eカフェ 開催報告

開催記録 2017(H29)年7月9日(日)14時~16時 アイデアル英会話教室
参加者:7名 進行:赤井 テーマ「Fear」

九州では大雨による大きな被害が生じています。地震や津波、台風、水害など私たちは自然の驚異にいつも晒されています。今日のテーマは「Fear こわさ・おそれ」です。
私たちは何を恐れるのでしょう。なぜ恐れるのでしょう。恐れることで何が起こっているのでしょうか。7名にお集まりいただきました。今日は残念ながら、パートナーのジョーはお休み。日本人同士が英語で話し合いました。

*********************
◆今、何が怖いか
・昨今の政治状況には怖さを感じます。政治に対する信頼感がないため、怖さを感じるのではないでしょうか。
・何かを失うのではないか、家族やお金や大切なものを失うと考えると怖いです。
・怖さと楽しさが一緒になったのがお化け屋敷やジェットコースターです。でも、その場合のこわさは、100%安全だと言う前提があるので演出されたこわさです。
・何となく怖いと言うのもあると思います。何が怖いのかはっきりしないけど例えば、夜トイレに行くのにふっと怖くなると言うような。
・太古の昔、自然と暮らす状態であった場合、怖さは身を守るために大切な機能だったでしょう。地震や津波などの天災はいつの時代にもあることで、これが大変な被害をもたらすことはみんな知っています。知っていてその怖さは分かるが、でも日常生活を怯えて暮らしているわけでもないと思います。

◆なぜ怖いか
・怖さと言うのは自分を守るための機構で、ポジティブな怖さとネガティブな怖さがあると思います。ポジティブな怖さとは、それに立ち向かっていくきっかけとなるようなものでしょうか。ネガティブなものは、怖気づいてしまい、動けなくなったり固まったりするような反応です。
・恐怖症と言うのがあります。理屈なしに感情的にホントに怖いと感じどうしようもないというものです。逆に高所平気症のように、怖さを感じて身を守る機構が欠落している場合もあります。
・嫌だ!と思う感覚は、最初に初めて経験することは仕方がないですが、次からはどうするか、備えるという事に繋がっていくのだと思います。それがつながらないと、何回も怖い目をする、と言うことでしょうか。
・知らない街を歩いたり、知らない人々の中に紛れたりすると怖さを感じることがあります。異質なものや人に怖さを感じるという事でしょうか。
・体験した怖さと聞いているだけのこわさとも違います。

◆怖さと心配
・怖さを感じるのは、慣れの問題ではないでしょうか。どんな大変なことがあってもいつか慣れてしまう。地震の多い日本では震度3ぐらいで飛び上がる人はいませんが、地震のない国の人には、恐ろしいことです。
・先々のことを考えると怖くなるように思います。これからの日本はどうなるのかと思うと怖いと思いますが、これは怖さと言うより、心配ではないかと思います。
・怖さと心配はどこかでつながっていて、心配が怖さに変わったり怖さが心配になったりするように思います。
・恐怖に敏感な人と鈍感な人がいます。命がかかわったり、いじめられたりした経験があると恐怖を感じやすくなると思います。

◆怖さと理由・説明
・怖さは、①突然 ②とんでもなく ③脅かされる ものです。これに対して④説明、⑤理由、⑥準備 があると、怖さは段階的に心配に変わっていくのではないでしょうか。
・恐ろしさを感じると、現実を捻じ曲げて感じてしまうと思います。恐ろしさを感じる方が、相手が殺気立っていると感じてしまうようになるのではないでしょうか。
・怖さには、先入観が働いている場合があると思います。知らない間に色々な情報がインプットされていて、いつの間にか先入観を形成していることはよくあることだと思います。
・昔から幽霊の正体見たり枯れ尾花といいますが、判ってみればどうという事はないが、それまでは心情的に怖いと感じます。
・理由がわからない、についてはその理由が信頼できるかどうかも重要でしょう。福島の原発事故の放射線に関する情報などの例では、中途半端だとかえって、過剰反応を引き起こすことがある、と言うことではないでしょうか。

◆怖さと宗教
・怖がる方と、怖がらせる方だと、怖がる方が情報が少ないので、判断が逃げるしかないようになっていることが怖がる理由では何でしょうか。
・宗教では「なぜこのようなことを守るのか」と尋ねても宗派によっては説明ではなく「紙がこのように決めたからだ」と言われると、取りつく島がない。すると、宗教上のこと以外でも突然、理由や説明はなくて「こう決まっているからこうする」と一方的に言われそうで、怖い。
・怖がられる側には、主観があって怖がる方には先入観がある、と思います。
・怖さには①突然 ②理由がわからない と言う怖さを感じる要素があると思う。人は理由がわからず、コントロールできないものに怖さを感じるのではないでしょうか。
・死の恐怖といいますが、自分が死んだらその先どうなるのかわからないことが怖さを感じさせ、それを説明するために宗教が発達したのではないでしょうか。
・死の恐怖については、死そのものではなく 死ぬ恐れの恐怖 の方が強いと思います。

***********************
いつもと違って、ジョーがいないと「静か」な感じがします。なんだか落ち着いて話ができたような感じです。

たくさんの切り口が示されました。怖さは、知らないことを知るためのきっかけとして私たちにインパクトを与えます。怖いもの見たさと言いますが、これこそ人間が知見を広め、つながりを広げていく原動力なのでしょうか。

面白い事より、怖いことに近づくことで一層広がる世界があるという事ではないのかと感じました。怖がる側と怖がらせる側、両方に足らないのはコミュニケーションなのかもしれません。

8月はお休みです。次回は9月10日(日)の予定です。

スポンサーサイト
  1. 2017/07/10(月) 12:34:06|
  2. あまがさき哲学カフェ開催報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

0170505 園田哲学バー「辞書」 開催報告

第二十五回 園田哲学バー 「辞書」
日時:平成29年5月5日(金)19時~21時 場所:園田地区会館
参加:10名(初参加1名)

連休の金曜日、10名にお集まりいただきました。みなさまありがとうございました。初参加1名を迎え、楽しい時間を過ごしました。

「辞書」は便利なものではあります。わからない言葉を調べ意味を知る、言葉の使い方を確かめる、漢字を調べるなどの使い方の他、言い替えるための類語を調べる、コンパクトな表現や凝った表現を見つけることなどにも使います。

辞書が一般に普及したのは比較的最近のことでしょう。戦後と言っても過言ではないかもしれません。辞書に書いてあることが正しいとなぜ信じられるのでしょうか。そもそも辞書には何が書いてあるのでしょうか。
哲学カフェは「辞書や本に書いてあることを披露する場ではない」とよく言われますが、なぜでしょうか。

*******************
◆辞書には何が書いてあるか
・辞書が好きな人がいて、引くのが楽しみだと言う人がいます。
・辞書は必要なものです。議論にはとりあえず定義が必要なのでその時にも便利です。
・辞書に書いてあることは一方通行です。
・類語辞典、感情語辞典のように、一つの定義を決めているものではない辞書もあります。
・例えば「ウワ~」と言うのは辞書に載っていませんが、自分が使う時には特定の意味を担っています。辞書に載らない基準とはなんでしょうか。
・辞書の中には用例から載っているものがあります。後の方に説明が載っていますが用例から考えろ、と言われているようです。
・類語辞典は、同じような言葉を紹介する辞書で、定義が載っているのではありません。
・方言、俗語事典というものもあります。

◆名前を付ける
・誰かが勝手に現象に名付け、説明されるのはいやらしいと思います。科学的な研究などはこのようにして進んでいくのではありますが。
・権威と言うものがあると自由な発話がさまたげられます。辞書ができた16世紀ごろ、ヨーロッパでは、牧師さんが話をするのに非常に面倒になったという話があるそうです。これは辞書が権威を得たために自由な言葉の使い方が制限されたと言うことでしょう。
・辞書は本来、私的な定義であって、公的になるのはなぜでしょう。
・我々は言語を使いますが個人的言語は存在しないので、言葉を使うことですでに共通の理解の上に立っているという事だと思います。

◆言葉の変遷
・例えば「敷居が高い」と言う言葉は本来、不義理をしていて行きにくいという意味で使われていたが、現在では高級飲食店などに費用が掛かるから行けない、と言う意味でも使われています。
・言葉の意味が変わるのは普通です。誰が使うのかによっても意味は変わります。すると、辞書は何を載せていることになるのでしょうか。
・辞書には3つのことが書いてあると思います。
①禁止、こういう言葉の使い方をしてはいけない。
②便利、この場合にこの言葉を使うと、的確に伝わる。
③未定義、まだこの言葉は定義されていない。
・言葉の定義や意味が移り変わるのは分かりますが、一方で数学などの定義が百年ぐらいで変わると困ると思います。

◆議論と辞書
・議論が深まるためには、共通理解として合意を出発点としないと、混乱や誤解、すり替えやかみ合わないとか、互いにわからなくなるなどの危険があると思います。
・厳密な正しい一つの定義があり得る、少なくともその可能性はあると思います。説明はできる。
・厳密な合意と言いますが、実はみんなが合意すると誰かがみなす、と言うことではないでしょうか。
・言葉の意味を問い詰めると分らなくなることがあると思います。例えば、「かわいい」、「おいしい」を問い詰めると、もう無理、となったり、逆にもっとちゃんと言ってとなったりして合意に至ることが困難だと思います。
・議論をかみ合せる方が不自然だと思います。かみ合うことは大事でしょうか?
・価値観が一緒でも、かみ合わないこともあるし、かみ合わないことがわかることが大事だという事もあると思います。
・話がかみ合えば、信頼感が深まると思います。
・話がかみ合えば、議論していることが同じ方向づけで進むと思います。
・話し合っている当人同士がかみ合っているかという事の他、当人同士を周りから見ていてかみ合っているか、ずれていると分ることもあると思います。
・何事かの共通理解を出発点としていなくても、話がかみ合うことはあるでしょう。

◆辞書は定義しているのか
・合意をしないための定義もあるのではないでしょうか。
・定義することが自由な意見を妨げることがあると思います。じぶんがそのことで強制されないことが大事だと思います。
・例えば憲法9条の解釈の議論では「交戦権」についての定義が共通でないと議論ができないと思います。これは、いわば後出しじゃんけんをさせないための定義だと思います。
・発想を豊かにするために辞書は使わない方がいいと思います。
・サッカーのJ2リーグの九州にあるクラブの応援団が横断幕を作り、そこで「くらす」と言う方言を使ったところ、物議をかもしたことがあります。これは、同じ方言でも福岡、北九州、長崎でニュアンスが異なることが原因でした。言葉の定義が曖昧であることに気が付かずに問題になったようです。
・ワクワクさせる辞書もあると思います。言葉やモノの機能、多様性に気づくきっかけとなります。
・辞書とはわかることしかわかならい。分からないことはやはりわからない。と言うものでしょうか。
・辞書には定義が載っているのではないのではないでしょうか。
***********

たくさんのご発言が相次ぎ、板書が間に合わなかったり意味がちゃんと取れなかったり忙しい2時間でした。
辞書の権威とはどこから来るのでしょう。映画「舟を編む」では辞書編纂の模様が描かれていますが、膨大な時間と労力をつぎ込んだこと、この事実が辞書の権威の裏付けになっているようにも思います。


次回の園田哲学バーは6月2日(金)19時~21時、テーマは「かみ合う、かみ合わない」です。

  1. 2017/05/07(日) 14:33:55|
  2. あまがさき哲学カフェ開催報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

0170430 哲学カフェ@武庫公民館 開催報告

第十四回 哲学カフェ@武庫公民館 「風習」 開催報告
日時:平成29年4月30日(日)14時~16時 場所:武庫公民館
参加:11名(初参加2名)

連休の最中、11名にお集まりいただきました。みなさまありがとうございました。初参加の方2名を迎え、たくさんの発言がありました。
「風習」は土地々々に伝わるものですが、変わった風習は興味を引きます。外部から見ると奇妙なものもたくさんあるようです。しかし、その理由は納得できるものが大半でむしろその生活の知恵、生き抜くための知恵であることが多いようです。
 色々な視点から「風習」を考えてみました。皆さんはどのようにお考えでしょうか。

*******************
◆逆さ箒
・風習は英語でCustomとなります。習慣と言う意味があります。
・「京の茶漬け」とか、「逆さ箒」などの風習は凶を避け、吉を近づけるものだと思います。
・風習を知らないほかの土地の人が真似て行うと、場合によってはリスクになります。逆に、風習を知らない人を風習で包むのは、逸脱されるリスクもあります。
・「習わし」と言うのは、柔らかい法律のようなもので、これがないとその共同体が成り立たないと思われるものです。また、その共同体にとっては公序良俗を表し、「常識やで」と思われるものです。
・風習は、価値観でありタブーや禁忌を含んでいます。
・しがらみと言うか、例えば盆暮のあいさつなど絶対に必要だったものですが、時代が移ると、費用対効果や高齢化の影響を受けて変わっていくようです。
・いろいろな風習が昔話の中によく出てくるとおもいますが、その場合の風習は、その土地でよりよく生きるための方法を示しているように思います。


◆風土
・「風」と言う文字が付く風土とは、その土地を意味します。風習も土地とは切り離せないモノでしょう。
・個人的なこだわりが習慣化し、さらに家族などのグループの習慣となることがあると思います。このように、個人的な癖や習慣が個人が属する共同体で認められると慣習となるでしょう。慣習はグループ的で、社会一般のレベルになります。法律も多くは社会の慣習に基づいています。
・風習は本来、「風俗、習慣」を縮めた言い方でしょう。もともとは意味のないものであって信仰があってむすびついたものでしょう。例えば、黙とうは広く宗教を越え国を越え共有されている儀礼だと思います。
・儀礼とか文化と言うものは風習が外部からの視線を受け、周りから認められたものでしょうか。
・風習は成文化されません。
・中国ではお箸を落とすとすごく怒られるのだそうです。お箸は単なる道具ではないという事でしょう。
・最近、麺ハラと言われています。地域が異なればタブーなども異なるのでしょう。道徳的な風習に対し、因習と言うようなものはなくなっていくのでしょう。


◆現代社会では
・会社の文化や会社内での習慣がかつての風土に当たるものかもしれません。
・バレンタインデーとかイースターとか経済活動に取り入れられたイベントは風習でしょうか。これらには同調圧力が働いていて催眠にかかっているような状態でしょうか。
・これらのことはいつの間にか当たり前になっているが、考えてみると変です。
・古い風習を現在の価値観で判断したり裁いたりするのはちがうと思います。歴史を理解することで風習も理解できると思います。
・職場の習慣で昔よく流行っていた運動会や旅行などは守るべき価値があるようで、最近また増えてきているようです。このように風習はしぶとく残るものかもしれません。
・風習を認識できる人は風習を相対的に見て笑うことができると思います。


◆グローバル化と風習
・風習が続く条件はなにでしょうか。
・グローバル化は風習が廃れる条件になっています。グローバル化することで外部の視線が減ったりなくなったりするので、風習の必要性を薄れさせるのだと思います。
・風習が個人主義によって破壊されることが起こっていると思います。
・グローバルな社会では風習は形成されながら消えていくのだと思います。どこでも通用するルールみたいなものにとって代わられ、その土地独特の風習はなくなるでしょう。


◆マナー、ルール、エチケット
・風習や習慣に対し、マナーやエチケットと言われるものがあります。いずれも風習とすこし違っているように思います。
・例えばマナー講師と言う人が自分が作ったようなマナーを喧伝しているのは違和感があります。作られた風習で一般の人が知らない、いつの間に作られた?と思うようなマナーもあるようです。
・風習もマナーやエチケットもそれを知らなければ違反もするでしょうが、知っていると違反しにくいものだと思います。
***********

次回の哲学カフェ@武庫公民館は6月18日(日)14時~16時、テーマは「見返り」です。

  1. 2017/05/07(日) 00:00:23|
  2. あまがさき哲学カフェ開催報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ