以心伝心心~あまがさき哲学カフェ~

哲学カフェに行ってみませんか。 お茶を飲みながら他の人の話を聞いてみる。結論は求めません。カフェで賑やかに話せればいいですね。

0180416哲学カフェ@武庫公民館「きれいごと」開催報告

【あまがさき哲学カフェ】

哲学カフェ@武庫公民館終了しました。12名にご参加いただきました。みなさまありがとうございました。

今日のテーマは「きれいごと」。発言が活発でした。行きつ戻りつしながら「きれいごと」をいくつもの側面を吟味できたと思います。

楽しいには楽しいこと、面白いには面白いこと、があるが、きれいは「きれいごと」となってしまうところに気が付いた方からのご発言から始まりました。

◆建て前
きれいごとは建て前である。体面を整えるばかりで見せかけだ。しかし建て前ならば本音と対になっていて使い分けることができるのに、きれいごとには「対」がなくて使い分けられない。

建て前を言う時はほかの人から悪く言われたくなくて、ただ一生懸命に「正しいこと」や規則に則っていることばかりを言う。すると私には悪気などないのに「きれいごとを言う」と言われる。
そのような時は自分がないのでしょうね。嫌われたくないと一生懸命になっている。

◆感情
きれいごととは、嫌いな人や知らない人の言うことを聞きたくないと言う感情なのではないでしょか? 同じ事を聞いてもきれいごとにしてしまい、聞かないと言うことではないでしょうか。

「怒りたて」「困りたて」の人は腹を立てて怒る事をしたいので、怒りやすい、非難しやすいように、「きれいごと」を作る。そうして自分の感情を解放しているのかもしれません。

本当は、相手の意見が正論とわかっていて、しかし認めたくない時にそれをはぐらかすために相手の意見をきれいごとだと、言う。あるいは、相手の言うことが半分は当たっている、と感じた時に相手に対する嫉妬心から「そんなきれいごと言うな」というのではないか。


◆当事者
きれいごとは、当事者ではない人が当事者の事情を単純化、理想化していることを、当事者からみると、「きれいごと」に見えるということではないか。外部から単純化理想化されることに対する反発なのではないか。

当事者の何事かに善悪などの別の価値を第三者が加えてしまうことが「きれいごとを言う」ということではないか。

患者と医者の関係で、患者側が医者の説明に対して「きれいごと」だな、と感じることがあるようです。客観的なデータに基づいた診断や説明であってもそれが患者の苦しさや痛さやもどかしさには届くものではないことはよく起こるようです。すると、患者は「きれいごとを言っている」と思う。当事者から相手には伝わらない「体験」があり、そもそも相手がいることがあって、その相手を却下したくなる、特別扱いされたくない、というような感情が動くからではないでしょうか。

しかし、その逆に医者は真剣に本気で診断をし、説明をしている。つまりきれいごとではないのでしょう。

◆きれいごとを言う人、きれいごとになると言うこと
一般的な言葉(一般語)で一般的な意見を言う人の言うことはすぐ、「きれいごと」になる。個人語(オリジナルな意見)を語る人の言葉はきれいごとにはなりにくいのではないでしょうか。
達成不可能なことがあり何かを犠牲にしないとできないばあい、「きれいごとばっかり」と言っていると、その言葉に束縛されたようになると思います。

◆きれいごとをなくす?
ポリティカルコレクトネスなどで問題になることにはきれいごとを言っていると思われることが多い。例えば「表現の自由」はきれいごとではないでしょうか。

しかし、表現の自由が実現できればきれいごとではないのではないか。最後まで話が聞ければ、きれいごとのように聞こえていてもその話には根拠があるハズだし、勝手にきれいごとと断定しているだけかもしれない、と分かることもあるのではないでしょうか。

相手の発言をきれいごと、と言い切ってしまうのは何度聞いても理解できないためにもう聞きたくない、と思った時ではないか。意図が通じないと聞く側が思考停止に陥って、それ以上聞くことは「無駄であり、もう飽きた、どうせわからない」と認定しているのではないか。

患者の訴えに対する医療の齟齬は、将来、A.I.によって診断ができれば起きないのだろうか。A.I.の診断にはきれいごとは含まれないだろうか。
患者は自分に沿った答えが欲しい。医療とは治療なのかサービスとしての思いやりなのだろうか。患者は権威ある医者から事をおおげさに言われて、それで満足することがあるとすると医者は何を忖度しているのだろうか。医者は相談相手なのだろうか。

************************************
今回のテーマは思っていたよりも掘れるテーマだったようです。きれいごととは感情ではないか、と切り込んでいただいたおかげで皆様のご発言に弾みがついたように感じました。

きれいごとこそ、突っ込んで考えていく突破口なのだと感じさせるご意見が出てきました。きれいごとだと切って捨てていることは裏返せばまだ考え切ってはいない、という事のようです。まだ手付かずのところを掘り返していくことの可能性があることの確かさを感じさせてもらいました。

次回は5月20日(日)14時~16時 テーマは「世間」です。

哲学カフェ@武庫公民館は、どなたでもご参加いただけます。
会場:尼崎市立武庫公民館。
予約不要。途中参加退場自由。
参加費:300円。

皆様のお越しをお待ちしています。
スポンサーサイト
  1. 2018/04/16(月) 23:05:36|
  2. あまがさき哲学カフェ開催報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

0171211【あまがさき哲学カフェ】2017年テーマ一覧

【あまがさき哲学カフェ】2017年度のテーマ一覧

今年もたくさんの方々にご参加いただきました。初めて来ていただいた方もたくさんいらっしゃいます。
お越しいただいたすべての皆様に御礼申し上げます。

今年、嬉しかったことは進行役が増えたことです。
【あまがさき哲学カフェ】にお越しの中から7名の方に進行役をしていただけるようになりました。

すでにご自分の哲学カフェを始められた方や、これから開催されようとしておられる方もいらっしゃいます。
5年前に始めた時の一つの目標が進行役を増やすこと(5名)だったので、ようやく実現することとなりました。

これから【あまがさき哲学カフェ】は哲学カフェにご参加頂くみなさまと楽しい時間を過ごすだけではなく、進行役の皆様との切磋琢磨しあう場所になって行けばよいと考えています。

私事ながら、来年は一般社団法人【office ひと房の葡萄】として、学習支援などの事業と一緒に活動していきます。ささやかな活動ですが、尼崎にある哲学カフェはまだまだ続きます。どうぞ、今後ともよろしくお願い申し上げます。

寒さが続きます。ご自愛ください。                      一般社団法人 office ひと房の葡萄 代表理事 赤井郁夫


0171210 2017テーマ一覧
  1. 2017/12/11(月) 10:47:12|
  2. あまがさき哲学カフェ開催報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

0170709 eカフェ 開催報告

開催記録 2017(H29)年7月9日(日)14時~16時 アイデアル英会話教室
参加者:7名 進行:赤井 テーマ「Fear」

九州では大雨による大きな被害が生じています。地震や津波、台風、水害など私たちは自然の驚異にいつも晒されています。今日のテーマは「Fear こわさ・おそれ」です。
私たちは何を恐れるのでしょう。なぜ恐れるのでしょう。恐れることで何が起こっているのでしょうか。7名にお集まりいただきました。今日は残念ながら、パートナーのジョーはお休み。日本人同士が英語で話し合いました。

*********************
◆今、何が怖いか
・昨今の政治状況には怖さを感じます。政治に対する信頼感がないため、怖さを感じるのではないでしょうか。
・何かを失うのではないか、家族やお金や大切なものを失うと考えると怖いです。
・怖さと楽しさが一緒になったのがお化け屋敷やジェットコースターです。でも、その場合のこわさは、100%安全だと言う前提があるので演出されたこわさです。
・何となく怖いと言うのもあると思います。何が怖いのかはっきりしないけど例えば、夜トイレに行くのにふっと怖くなると言うような。
・太古の昔、自然と暮らす状態であった場合、怖さは身を守るために大切な機能だったでしょう。地震や津波などの天災はいつの時代にもあることで、これが大変な被害をもたらすことはみんな知っています。知っていてその怖さは分かるが、でも日常生活を怯えて暮らしているわけでもないと思います。

◆なぜ怖いか
・怖さと言うのは自分を守るための機構で、ポジティブな怖さとネガティブな怖さがあると思います。ポジティブな怖さとは、それに立ち向かっていくきっかけとなるようなものでしょうか。ネガティブなものは、怖気づいてしまい、動けなくなったり固まったりするような反応です。
・恐怖症と言うのがあります。理屈なしに感情的にホントに怖いと感じどうしようもないというものです。逆に高所平気症のように、怖さを感じて身を守る機構が欠落している場合もあります。
・嫌だ!と思う感覚は、最初に初めて経験することは仕方がないですが、次からはどうするか、備えるという事に繋がっていくのだと思います。それがつながらないと、何回も怖い目をする、と言うことでしょうか。
・知らない街を歩いたり、知らない人々の中に紛れたりすると怖さを感じることがあります。異質なものや人に怖さを感じるという事でしょうか。
・体験した怖さと聞いているだけのこわさとも違います。

◆怖さと心配
・怖さを感じるのは、慣れの問題ではないでしょうか。どんな大変なことがあってもいつか慣れてしまう。地震の多い日本では震度3ぐらいで飛び上がる人はいませんが、地震のない国の人には、恐ろしいことです。
・先々のことを考えると怖くなるように思います。これからの日本はどうなるのかと思うと怖いと思いますが、これは怖さと言うより、心配ではないかと思います。
・怖さと心配はどこかでつながっていて、心配が怖さに変わったり怖さが心配になったりするように思います。
・恐怖に敏感な人と鈍感な人がいます。命がかかわったり、いじめられたりした経験があると恐怖を感じやすくなると思います。

◆怖さと理由・説明
・怖さは、①突然 ②とんでもなく ③脅かされる ものです。これに対して④説明、⑤理由、⑥準備 があると、怖さは段階的に心配に変わっていくのではないでしょうか。
・恐ろしさを感じると、現実を捻じ曲げて感じてしまうと思います。恐ろしさを感じる方が、相手が殺気立っていると感じてしまうようになるのではないでしょうか。
・怖さには、先入観が働いている場合があると思います。知らない間に色々な情報がインプットされていて、いつの間にか先入観を形成していることはよくあることだと思います。
・昔から幽霊の正体見たり枯れ尾花といいますが、判ってみればどうという事はないが、それまでは心情的に怖いと感じます。
・理由がわからない、についてはその理由が信頼できるかどうかも重要でしょう。福島の原発事故の放射線に関する情報などの例では、中途半端だとかえって、過剰反応を引き起こすことがある、と言うことではないでしょうか。

◆怖さと宗教
・怖がる方と、怖がらせる方だと、怖がる方が情報が少ないので、判断が逃げるしかないようになっていることが怖がる理由では何でしょうか。
・宗教では「なぜこのようなことを守るのか」と尋ねても宗派によっては説明ではなく「紙がこのように決めたからだ」と言われると、取りつく島がない。すると、宗教上のこと以外でも突然、理由や説明はなくて「こう決まっているからこうする」と一方的に言われそうで、怖い。
・怖がられる側には、主観があって怖がる方には先入観がある、と思います。
・怖さには①突然 ②理由がわからない と言う怖さを感じる要素があると思う。人は理由がわからず、コントロールできないものに怖さを感じるのではないでしょうか。
・死の恐怖といいますが、自分が死んだらその先どうなるのかわからないことが怖さを感じさせ、それを説明するために宗教が発達したのではないでしょうか。
・死の恐怖については、死そのものではなく 死ぬ恐れの恐怖 の方が強いと思います。

***********************
いつもと違って、ジョーがいないと「静か」な感じがします。なんだか落ち着いて話ができたような感じです。

たくさんの切り口が示されました。怖さは、知らないことを知るためのきっかけとして私たちにインパクトを与えます。怖いもの見たさと言いますが、これこそ人間が知見を広め、つながりを広げていく原動力なのでしょうか。

面白い事より、怖いことに近づくことで一層広がる世界があるという事ではないのかと感じました。怖がる側と怖がらせる側、両方に足らないのはコミュニケーションなのかもしれません。

8月はお休みです。次回は9月10日(日)の予定です。

  1. 2017/07/10(月) 12:34:06|
  2. あまがさき哲学カフェ開催報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ